• fourships

Pineapple sage(パイナップルセージ)



パイナップルセージは、メキシコ、グァテマラの標高1800〜2700mの山地の森林周辺で自生しているメキシコ、グァテマラの固有のサルビアです。


学名は、サルビア・エレガンスと呼ばれ、シソ科の多年草になります。


葉茎が傷つくとパイナップルのような甘い香りがすることから、パイナップルセージと呼ばれています。


(ワンポイント)

*花は、秋に2、3か月かけ次々と咲き続けます

*茎はよく分枝して草丈100〜150㎝ほどに成長します

*耐寒性はあまり高くない(クライストチャーチでは越冬出来ています)

*冬は地上部が枯れて宿根し、春に再び芽吹きます

*日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます

*街灯などで夜間明るい場所だと花が咲かなくなります

*植え替えや株分けの適期は、春です

*挿し芽は、春か秋


(パイナップルセージの花言葉)

「家庭的」「愛を求めて」「家族愛」



ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓








閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示