• fourships

Lily of the valley(スズラン)



Lily of the valley(スズラン)は、キジカクシ科の宿根草です。大きく分かると、日本に自生している二ホンスズランと園芸品種として広まっているドイツスズランに分けられます。


花の中に赤い点が付いている方がドイツスズランで、真っ白なのが二ホンスズランと見分けることが出来るそうです。


スズランの別名は、君影草(きみかげそう)や谷間の姫百合(たにまのひめゆり)とも呼ばれています。


可愛い白い花を咲かせるスズランですが、全草に有毒物質があり、特に花や根に多く含まれていると言われています。


(スズランの花言葉)

「再び幸せが訪れる」「純粋」


(スズランを贈る風習)

フランスでは、5月1日に愛する人にスズランを贈る風習があるそうです。これは昔(16世紀頃)フランスの王様シャルル9世が、幸福を授けられるというスズランの花束を受け取った日が5月1日だったことに由来しています。


ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示