top of page
  • fourships

Aquilegia vulgaris(セイヨウオダマキ)


アクイレギア・ブルガリス(セイヨウオダマキ)はヨーロッパ原産の多年草で、原産種は高さ30~50cmに茎がまっすぐに伸びて10輪前後の青紫色の花がうつむいて咲きます。白、桃、赤紫、黒紫色などの花色の変異種もあります。また、八重咲きの変異種もあります。


学名のアクイレギアは「aqua」(水)と「 legia」(集める)とで水を受けるものという意味に由来しています。また。和名のオダマキは花の形が麻糸を巻く苧環(オダマキ)に似ていることに由来しています。


(ワンポイント)

*午前中は、日なたで午後は明るい日陰になる場所を好みます

*水はけの良い土壌を好む

*タネは、発芽率が良く、順調に行くと2年目に開花します

*交雑しやすい植物です


(セイヨウオダマキの花言葉)

「勝利」です。こては、ヨーロッパ人がオダマキの葉を手にこすりつけることで勇気が出ると信じていたことに由来していうるようです。


ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓










閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page