top of page
  • fourships

藤の花の数え方は?


強剪定をした藤が、花を一つ咲かせてくれているのを見つけました。ふと、「藤の花の数え方は?」という疑問が出て来ました。


答えは、「房(ふさ)」でした。藤の花のように、まとまっていて垂れ下がっている花は、1房、2房と数えるようです。


(花の数え方色々)

一輪(いちりん)・・・(丸く咲いた花)

一本(いっぽん)・・・(切り花)

一束(ひとたば)・・・(切り花を束ねたもの)

一むら(ひとむら)・・・(群れをなして咲く花)

一株(ひとかぶ)・・・(根のついた花)

一枝(ひとえだ)・・・(花のついた枝)

一朶(いちだ)・・・・(小さな花が咲く花のひと枝)


ちなみに、球根は「個」「玉」「球」で数え、キノコは、傘が小型で群生しているものは「株」で数え、樹幹に棚状に生えるものは「枚」で数えるとのこと。


それにしても、日本語の持つ深みを再認識させられました。


ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓













閲覧数:57回0件のコメント

Kommentare


bottom of page