top of page
  • fourships

突然枯れだすことが多いオステオスペルマム


あんなに元気に沢山の花をつけて咲いていたのに、ある日突然元気がなくなり枯れてしまった経験が多いのが、オステオスペルマム(アフリカンデージー)です。


その原因は、灰色かび病だったと思われます。


灰色かび病が発生する原因とは?


1.「ボトリチス・シネレア」というカビ菌が繁殖して植物に付着することで発生します。

2.「ボトリチス・シネレア」は気温が20〜25度の高温多湿の環境を好みます。

3. 春や秋の長雨、気温差が激しい気候も灰色かび病を誘発しやすくなります。


灰色かび病を予防する方法は?


1.排水性の高い土にする

2.通気性をよくする

3.傷んだ葉は取り除く

4.枯れた葉や花を取り除く

5.マルチングをする


ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓















閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page