• fourships

散策、冬のリカトン・ハウスのお庭を巡る


7月下旬(真冬)のRiccarton Houseの景色です。7月のクライストチャーチは、時よりこのような快晴の日があります。6月より7月の方が天気が良い日が多いです。


Riccarton House(リカトン・ハウス)は、ヴィクトリア朝/エドワード朝の壮大な邸宅です。この建物は、1856年、1874年、1900年の3回の増改築によって完成しました。歴史の浅いクライストチャーチにとっては重要な歴史的建造物になっています。


お屋敷の横にある原生林の保護区を含めると敷地は12ヘクタールにもなります。初期入植者として成功したディーンズ家ならではの大きさで。1947年にこの邸宅はディーンズ家からクライストチャーチ市へ持ち主が変わりました。





リカトン・ハウスは、お庭は大きいですが、お花の数は年間を通してそれほど多くありません。ここの売りは、邸宅のリカトン・ハウス、入植初期の建物のデーンズ・コテージや原生林です。


冬のリカトン・ハウスのお庭と巡って見つけたお花は、やはりこの時期はクリスマス・ローズでした。あと、ヒメリュウキンカという黄色い花を見つけました。


*ヒメリュウキンカ(Lesser Celandine)は、ヨーロッパからアジアに分布するキンポウゲ科の多年草です。


冬のリカトン・ハウスのお庭と巡った時の動画をYouTubeにアップしました。



リカトン・ハウスの場所は下記を参考にして下さい。



ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓










29回の閲覧0件のコメント