• fourships

大輪のユリが咲き出した



毎年、一本茎が1m20㎝ほどの高さに伸びて来て花を咲かせてくれるユリの花があります。


多分、マドンナリリーの交配種だと思っています。マドンナリリーは、紀元前から存在し栽培されていたと言われています。エーゲ海のクレタ島で栄えたミノス文明の壁画にもマドンナリリーが描かれていると言われています。


ルネッサンスの画家たちも、天使や聖母マリアの手にマドンナリリーを持たせた絵を描いています。


19世紀に、日本の「テッポウユリ」がヨーロッパに伝わり、元々あった白ユリとテッポウユリを区別するために、「マドンナリリー」と呼ばれるようになったそうです。



ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示