top of page
  • fourships

初、馬糞をガーデニング用に購入

更新日:2023年8月31日



クライストチャーチの街外れの道路沿いで、馬糞がよく売られているのを見かけてはいましたが、今まで購入したことがなかったのですが、本日初めて購入してみました。


値段は、40L袋にパンパンに入って1個NZ$2.50(約210円)でした。


やはり馬糞の臭いがするのかと思っていましたが、ほとんど臭いもなく、ハッチバックの車に積んで帰っても車内が臭くなることもありませんでした。


ニュージーランドでは、バラに馬糞が良いと聞きましたので、バラの周りに早速、馬糞を蒔いてみました。 


本当は、土台の幅が 2 メートル以上ある堆肥の山を作り(馬糞約15㎝の層、木くず、干し草やワラなど約20㎝を繰り返し1mの高さになるまで繰り返す)高温堆肥混合醸造をすることで、雑草や牧草の種や病原体を死滅させた堆肥を使うのがベストだそうです。


それが出来ない場合は、馬糞を5㎝から10㎝の厚みで蒔いた上に、マルチングをすると良いそうです。


馬糞は、土壌改良に効果を発揮し、土をふかふかにしてくれるそうです。


今年のバラの花付きが、今から楽しみです。



ブログを読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければクリックして下さい。

↓↓↓↓↓











閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page