Lyttelton03

リトルトン

​Lyttelton

The port town in a port formed by sea water flowing into the crater.

At first Littleton was called Port Cooper.

Lyttelton has historically been regarded as the "Gateway to Canterbury" for colonial settlers.

The town was named after George William Lyttelton in 1858. 

​噴火口に海水が流れ込んで出来た港にある港町。

​リトルトンは、最初はポート・クーパーと呼ばれていました。

リトルトンは、歴史的に植民地開拓者の

「カンタベリーへの玄関口」と見なされて来ました。

町の名は1858年にジョージ・ウイリアム・リトルトンにちなんで名づけられました。