BridgeofRemembrance01

​追憶の橋

​Bridge of Remembarence

The Bridge of Remembrance which links Oxford and Cambridge Terraces over the Avon River at Cashel Street was opened on Armistice Day, 11 November 1924.
It replaces an earlier bridge over which many thousands of soldiers marched en route from King Edward barracks to the railway station and overseas service.

In the central frame of the arch is the inscription Quid non pro patria (What will a man not do for his country).

​1924年11月11日の休戦記念日に、エイボン川をまたいでオックスフォードとケンブリッジのテラスを結ぶ追憶の橋が開通しました。
  この橋は、海外へ出兵する何千人もの兵士が、エドワード王の兵舎から鉄道駅へ向かう途中で、この橋を渡った以前の橋に取って代わりました。

アーチの中央のフレームには、Quid non pro patria (人は自分の国のために何もしないか) という碑文があります。